恥ずかしがらず真性包茎と向き合う

真性包茎とは

真性包茎とは、自分で亀頭部を露出できない状態のことをいいます。無理に亀頭を露出させようとすると、痛みを感じたり、出血することもあります。包皮と亀頭の癒着や包皮の出口が狭いなどが真性包茎の原因です。

真性包茎の場合、恥垢がたまりやすく、不潔になりやすいです。不潔なままにしておくと、亀頭包皮炎をはじめとする感染症などが起こりやすくなります。射精をしても包皮が邪魔をして精子が出て行かないために、男性不妊となることもあります。また、不衛生な状態では、性行為の相手の不妊症の原因や、子宮の病気の誘因になるとも言われています。

真性包茎は、基本的には手術適応となります。

真性包茎について

真性包茎とは、平常時・勃起時にかかわらず、亀頭部が皮をかぶったままの状態のことをいいます。真性包茎だと自分の手でも剥くことはできません。真性包茎の原因としては、包皮の開口部が小さいことと、包皮と亀頭の一部が癒着していることがあげられます。

真性包茎の場合、亀頭部が不潔になりやすいので、亀頭包皮炎、男性不妊といったものの誘因となることもあります。

真性包茎の場合、手術適応となることが普通です。しかし、手術による包皮の切除を伴わない治療や矯正によって、真性包茎を治すことが可能であるとも言われています。例えば、自分で矯正可能な器具である「包茎グッズ」と呼ばれるものがあり、ネットで入手可能となっています。

レバレッジ幅が広いFX業者