思春期に見られるカントン包茎

カントン包茎とは

カントン包茎(嵌頓包茎)とは、亀頭が狭い包皮輪のため外側にはまり込んで元に戻らなくなった状態をいいます。

カントン包茎が起こると、強い痛みがあり、包皮ではまり込んでいるために血行が悪くなり、水ぶくれのように腫れ上がり、ひどいときには卵大とかソフトボール大にもなってしまいます。

痛みのあまり病院にかけこむケースが普通ですが、人によっては放置する場合もあるようで、手遅れになると血行不全で包皮の一部が壊死することもあります。

カントン包茎は、幼児から小中学生でなりやすく、成人ではめったにみられません。

カントン包茎になった場合、自分で包皮を元に戻すことはほとんど不可能で、医師による緊急整復処置が必要です。

カントン包茎について

カントン(嵌頓)包茎とは――真性包茎や包皮口がかなり狭い場合、包皮を無理に反転させると、陰茎は亀頭の根元の溝のところで締め付けられてしまいます。このような場合は、亀頭部がすぐに浮腫をきたし、腫れ上がってしまい、反転した包皮を元に戻すことができなくなります。この場合強い痛みが発生します。こういう状態を「カントン包茎」といいます。

カントン包茎では、圧力で陰茎への血流が妨げられるので、包皮を戻さないと陰茎組織が壊死するおそれがあります。環状切開あるいは包皮に切り込みを入れて、締めつけを緩和します。

カントン包茎は、まれに診察などで、包皮をめくったあと元に戻すのを忘れた場合に起こることもあるそうです。

カントン包茎になりやすい年齢層は、幼児から小中学生で、成人ではめったにみられません。

レバレッジ幅が広いFX業者