花粉症も早期発見早期治療を!

花粉症について

花粉症とは、空気中に飛び散っている花粉を吸い込んで起こるアレルギーをいいます。花粉症の症状として、立て続けに出るくしゃみ、流れる出る鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、涙が止まらない、しろ目が赤くなるなどがあります。他に、目の異物感、咳、のどがゼイゼイする、顔がほてる、寒気がする、全身のかゆみ、頭痛、集中力の低下、イライラ感、腹痛などの症状を伴うこともあります。

花粉症では毎年多くの人が悩まされており、しかもその数は老若男女問わず、年々増加傾向にあるのが現状です。

花粉症の原因となる植物は、スギ、ヒノキなどの樹木、カモガヤ、オオアワガエリなどのイネ科植物、 ブタクサ、ヨモギなどのキク科植物など約40種類といわれています。この中でもっとも被害の多いのが、春のスギです。

日本はスギ植林が多すぎるために、スギ花粉の飛散量の増大が、花粉症人口の増加している理由と見られています。

しかしながら、スギの山に囲まれた山林地帯の住民がみんな花粉症かというと、決してそうではありません。花粉症人口は都市圏に多いといわれており、特に自動車通行量など大気汚染物質の多い地域で高いといわれています。つまり、花粉症には「大気汚染」が大きく関係しているのです。スギ林で放出された花粉は、大気中を数十キロ離れた都市部まで到達する間に、さまざまな大気汚染物質の微粒子を吸着し汚染されます。それがスギ花粉症の増強因子となっている可能性があると考えられています。

花粉症の症状はさまざまで、軽い人もいれば、重い人も。一度かかってしまうと、なかなか治らないといわれている花粉症ですが、早期に治療を始めれば、治る人もいるようです。少しでも花粉症の症状が感じられたら、症状が悪化する前に治療を受けたほうがいいでしょう。

花粉症の対処法

花粉症とは、色々な花粉によって起きるアレルギー性の病気です。主な症状はくしゃみや鼻水、目のかゆみなど。一度花粉症になると、毎年繰り返し発症するようになり、現在、花粉症になる人は年々増加しています。

花粉症は一度なってしまうと治らないといわれていますが、花粉症に対する正しい知識をもって、対処や予防をすれば毎年苦しめられる花粉症の不快症状というのは改善されるのです。

では、花粉症への対処法として、どのようなことをすればいいでしょうか。

・外出はなるべく控え、外出時にはマスク、眼鏡、帽子、マフラーを着用する。
・花粉を家の中に入れないよう窓を閉める。
・洗濯物は外に干さない。
・家に帰ったら、まず花粉を玄関先で払ってから入る。
・花粉の季節に外出先から帰宅したら、手洗いと洗顔をする。
・バランスのとれた食生活をする。
・たばこやお酒などの摂取を控え、ストレスをなくすようにする。

などを心がけるといいでしょう。また、花粉防止マスク、花粉防止メガネ、家庭用温熱吸入器、空気清浄器などを使用するのも効果的です。

花粉症の症状が重い場合は、病院で診てもらうのがいちばん。治療法には、薬物療法、漢方療法、減感作療法(花粉症を起こす前に花粉などのエキスを体内に入れ、アレルギーの発症を未然に防ぐ方法)、手術療法などがあります。

いずれにしろ花粉症は、早期に治療するのがいいのは言うまでもありません。放置しておかず重くなる前に対処しましょう。

レバレッジ幅が広いFX業者