あがり症を克服する

あがり症とは

あがり症とは、人前に出ると、全くどうしていいのかわからなくなる症状をいいます。医学的には、交感神経緊張症の一時的現象で、横隔膜があがって心臓の動きを不規則にし、心拍を乱し、身体をこわばらせ、呼吸が小さくなること。一方、心理学的には、人間の持っている防衛本能が働くことりより「自分を大きく見せたい」「よく思われたい」という心が強く働くとき、あるいは「欠点を隠したいとき」に起こる現象と定義しています。

あがり症の原因は、血液中のノルアドレナリン値が上昇することです。これは覚醒や興奮に関係している神経伝達物質で、脳のノルアドレナリン神経から分泌されます。ノルアドレナリンは、「他人にあがっていると思われたくない」「大勢の視線が怖い」「失敗してしまうのではないかと不安」などという緊張や不安を感じたときに分泌され交感神経を活性化、そして、交感神経が刺激されあがり症の症状が起こります。

では、あがり症の症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

・名前を呼ばれても、すぐに席から立ち上がることができない
・人前で、自分の考えを話せなくなってしまう。
・人前で、手や足、膝などが震えてしまう。
・人前で、声が震えたり吃ったりしてしまう。
・電話で言葉に詰まってしまい、電話に出るのが恐くなってしまう。
・人と話している時に、身体がこわばったり、表情が引きつってしまう。
・思ってもいない言葉を発してしまったり、自然と早口になってしまう。
・すぐに喉が乾く(唾を飲みこもうとするが飲みこめない)
・話しているといつのまにか体の一部を触っている
・心臓の音が気になるほど聞こえてくる。
・笑う時に、顔が引きつって、自然に笑えない。
・笑ってはいけないような場所で笑いたくなってしまう。
・話をするとき相手の顔を直視できない。
・何時も人から見られているようで、ぎこちなくなってしまう。
・異性とか目上の人の前で、顔が赤くなってしまう。または青ざめてしまう。
・人前で、汗を異常にかいてしまう。
・涙が出てくる。

以上のようなことなどが挙げられますが、あがり症は、必ずしも全員に同じ現象として現れるものではなく、一人ひとり違った現象として現れます。

自分はあがり症なのではと心配する人が結構いますが、あがり症は一部の人の特殊な現象ではなく、人間すべてにあてはまる現象です。人間なら当たり前のことなのですから、あまり気にする必要はなく、どうすれば少しでも平常心で話ができるかを考えることが大切でしょう。

あがり症の対処法

あがり症とは、人前に出たときに緊張して、動悸、声や体の震え、冷や汗、赤面などの極度な症状が現れ、生活や行動面に支障をきたすことです。ひと口に「あがり症」といってもその程度はさまざま。ごく軽いものから対人恐怖症ともいえる重度なものまで個人差があります。

では、あがり症を克服するためにはどうしたらいいのでしょうか。そのためには、まずなぜあがってしまうのかを考えてみる必要があります。原因として、「あがっていると思われたくない」「大勢の視線が怖い」「失敗してしまうのではないかと不安」などが挙げられるのではないでしょうか。つまるところ「他人からどう見られるのか気にする心」が原因なのです。

しかしながら、自分が気にするほど、他人は自分のことを気にしていないもの。周りを気にせず自分に自信を持つことが、あがり症の克服につながります。そのためには、どうしたらいいかをいくつか挙げてみましょう。

・聞き上手になる。
・相手を思いやって話す。情熱を持って話す。
・大勢の人の前で話すときは、話す前にリハーサルをする。
・すべてに完璧な話を目指すのではなく、ココというところにだけ力を入れる。
・緊張を解くためにゆっくり深呼吸(腹式呼吸で)をする。
・体に思いっきり力を入れ、そして一気に力を抜く。
・自分は話せるんだと思い込む。
・人前で流暢に話している自分を繰り返しイメージする。
・専門的な治療やセミナーを受講する。

などが挙げられます。

特に近年では、心の奥底に潜む不安を探ったり、それを解放してマイナスイメージをもっとポジティブなものに変えていくことができる「催眠療法」が注目されています。

レバレッジ幅が広いFX業者