治る病気EDを克服する

EDとは

ED(Erectile Dysfunction)とは、勃起障害または勃起不全のことで、以前はインポテンスと呼ばれていました。

ED は、男性なら多くの人に起こりうる病気で、アメリカ泌尿器学会は1996年に「満足のゆく性行為に十分な勃起を達成できない、もしくは維持できないこと」と定義。EDにも重度のものから軽症まであり、「時々できないことがある」「途中でダメになる」もEDであると考えられています。なお、性欲の減退や射精障害などはEDに含まれません。

EDの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

・動脈硬化
・生活習慣病(糖尿病や高血圧など)
・加齢によるもの
・喫煙や過度の飲酒
・精神的ストレス
・神経が傷害される病気(脳出血、脳腫瘍、脳外傷、脊髄損傷、パーキンソン病、アルツハイマー病など)
・泌尿器科系の疾患(前立腺肥大症や前立腺炎、精巣静脈瘤など)
・薬の副作用(糖尿病、うつ病、高血圧の治療薬など)

若い人のEDはほとんどが心因性といわれ、ストレス・コンプレックスが原因に挙げられています。また、生活習慣病や喫煙・飲酒などは、血液の循環が悪くなり、十分な血液がペニスに流入しないことから起こります。さらに、これらが複合してEDになることもあります。

EDは、直接生命にかかわる病気でも痛みのある病気でもありません。しかし、EDからくる男性としての自信喪失は、職場や家族の中での自信の低下につながり、日常生活のさまざまな面に悪影響を与えるといわれています。

EDは、一部を除き決して直らない病気ではありません。一人で悩まず、EDの疑いがある場合、まずは専門家に相談して、自分に合った対処法で克服しましょう。

EDの治療法

EDとは、勃起障害または勃起不全のことで、多くの男性に起こりうる病気です。

では、EDを予防するには、どうしたらいいでしょうか。そのためにはEDの原因や危険因子を減らすことが大切で、まず、大きな要因である血管障害を予防することです。

血管障害は、高血圧、動脈硬化、高脂血症、糖尿病、肥満などが原因で起こることが多く、これらはいずれも生活習慣病と呼ばれるもの。予防の柱は食事・運動・休養の3つです。

また、精神的なストレスもEDになる原因。ストレス解消のため、好きなことに没頭したり、旅行に行ったり、スポーツを楽しんだりするのもいいでしょう。

しかしながら、不幸にしてEDになってしまった場合、克服するための治療をすることになりますね。EDの治療法は大きく分けて次の4つ。

・薬物療法〜バイアグラやレビトラなど。どちらも副作用がある。

・勃起補助具(バキューム・デバイス)〜人為的にペニスの海綿体内に血液を呼び込み勃起させる。価格は4〜8万円。

・注射(陰茎海綿体内注射)〜海綿体を広げて勃起させる薬を直接ペニスに注射する。現在はあまり行われていない。

・自然・健康食品〜効果はバイアグラ並みかそれ以上で、副作用のない薬や自然食品が期待されている。

以上が挙げられますが、残念なことにどの治療法にしろ、誰にでも効果があるとはかぎりません。また、EDを克服するにはパートナーの協力が大きな力になる場合があります。いずれにせよEDの治療をする際は、専門医に相談し、きちんとした指導のもとに行ったほうがいいでしょう。

レバレッジ幅が広いFX業者