最新の視力回復事情

視力回復手術のレーシック

視力回復手術のレーシックをご存知ですか?

レーシック(LASIK)とはギリシャ語の Laser In Situ Keratomileusis の頭文字をとった造語。直訳では「レーザーを使用して角膜を修正する」という意味だそうです。

レーシックの方法は、点眼麻酔を使い、角膜にフラップというふたを専用の機械で作ります。このふたにレーザーをあてて角膜の形を修正し、終わったら目を洗浄。所要時間は約15分から20分程度。日帰り手術で、失明の心配もなく安全です。

近視・乱視・遠視といった視力回復手術として、レーシックを受ける方も増えているとか。レーシックを受けて視力を回復させた方は数多く存在しています。

レーシックの費用は両目で約40万前後が相場です。健康保険は使えませんが、生命保険などにおいて給付の対象としている保険会社も中にはあるそうです。

視力回復手術はレーシック

視力は年齢とともに低下しますが、それだけでなく、生活習慣(ゲーム、パソコン、ごろ寝しながらテレビを見る等)やストレスも視力低下の原因となります。

視力を回復するために、レーシックという視力回復手術を受ける人が、近年多くなってきました。レーシックとは、ギリシャのクレタ大学学長であるイオアニス.G.パリカリス博士によって考案された視力回復手術です。

レーシックは角膜を削るようなもの。だから角膜は一定の厚みが必要となるので、視力の程度によっては手術適応外となることもあります。しかし、最近ではレーシックで使う手術用機械も発達し、角膜が薄い方でも手術が可能になってきています。

レバレッジ幅が広いFX業者