会話を楽しむには口臭チェックを忘れずに

口臭について

口臭の悩みは、男女問わず、気になる人は気になります。他人の口臭を気にしていると、もしや自分も口臭があるのではないかと、過剰に気にしてしまう人もいますね。

口臭はなぜ起こるのでしょうか。原因としては3つ考えられます。

(1)生理的な口臭(口の中の食べカス、朝起きた時など)

(2)病気が原因(虫歯、歯槽膿漏、糖尿病、胃腸の弱りなど)

(3)食べ物による口臭(ニンニク、ニラ、納豆などによるもの)

この原因の中では、虫歯や歯槽膿漏といった口の病気によるものが多いです。これは、虫歯や歯槽膿漏の治療、口腔内を清潔にするといったプラークコントロールをしていくことで改善されます。

口臭の原因の一つとして、胃腸の弱りがありますが、これについて言うと――胃腸が弱くなることで、食べ物を消化・吸収する力が衰え、結果的に有毒物質がからだの中をめぐって肺に行き、呼吸となって口から吐き出されます。このときの息が口臭となることもあります。こうした場合は、食生活の改善や生活習慣を改める等で、口臭の悩みが改善されることもあります。

気になる口臭

口臭を悩みとする方は案外多いようです。日本人は特に臭いを気にする民族のようで、中でも一番気になる臭いが口臭だそうです。ある調査では、結婚したくない相手として、トップが「口臭のある人」という結果だったとのこと。また男女別では、女性のほうが口臭を気にするようです。

口臭の原因はいろいろありますが、一番多いのは口の中の病気である虫歯や歯槽膿漏など。口はもともと細菌が繁殖しやすい場所なので、プラークコントロールがうまくされていないと、口の中は腐敗菌でいっぱいになります。また歯や歯茎だけではなく、舌苔が口臭の原因となっていることもあります。

口臭を気にする方の中には、実際には口臭がそれほどないのに、「いや、あるにちがいない」と本人だけが思い込む、いわゆる心因性のものもあり、主に思春期や更年期世代でみられます。他に清潔志向が過度になったために起こる場合もあります。

レバレッジ幅が広いFX業者