包茎は一人で悩まず専門家に相談を!

包茎とは

包茎は男性にとっては悩みの種です。

包茎とは小児ではあたりまえですが、カラダが成長しても、亀頭が包皮におおわれたままで、露出できない場合を包茎と言います。皮かぶりともいいます。高校生ぐらいまでに包皮がむければ問題ありません。

包茎は自覚症状が特にありません。しかし、包茎では亀頭部が不潔になったり、包皮内に恥垢がたまりやすくなります。そうなると炎症を起こすこともあります。ごくまれに、腎臓まで炎症を起こすことがあります。

包茎といっても、ふだんは包皮におおわれていても、包皮を反転することができるのなら何ら問題はないのです。むしろ、ペニスを清潔に保つことができるかどうかが重要と言えます。

包茎には真性包茎と仮性包茎があり、真性包茎の場合は手術が必要です。

包茎について

包茎とは、陰茎の先端の部分である亀頭が包皮におおわれている状態のことをいいます。赤ちゃんはみな包茎です。陰茎は体の成長とともに包皮が後退し、亀頭が自然に露出するようになりますが、大人になっても皮がむけない場合を包茎と呼びます。

包茎で悩む男性は結構いるようです。包茎についての知識がないがゆえに、悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

包茎については、専門家のアドバイスを受けるのが一番です。といってもペニスの問題はかなりデリケート。人に聞くのがはずかしい方もいるでしょう。こういう方のために、24時間フリーダイヤルで相談を受け付けているクリニックもあります。また無料カウンセリングを実施しているところもあるので、包茎についての悩みがある方は、一度足を運んでみてはいかがですか。

レバレッジ幅が広いFX業者